ここでは住宅リフォームを行う際、一般的に知っておいていただきたいことをご説明します。

最近、ご自宅のリフォームをされる方が増えています。
1970年代1980年代に供給された戸建住宅やマンションが大量にあることに加え、 景気低迷により建替えや買換えが難しくなってきていることもひとつの要因でしょう。

また高齢化時代を迎え高齢者向け住宅リフォームの需要が増えている、少子化により2世帯住宅へのリフォーム需要が増えている、阪神大震災の影響から耐震リフォームの需要が増えている、といった理由もあるようです。

増改築よりも住空間を豊かにするリフォーム

皆さんはリフォームといわれて何を思い浮かべるでしょうか。
部屋の間取りを変える、クロス(壁紙)を張り替える、
キッチンを最新のシステムキッチンにする、畳を入れ替える、
手すりをつける、庭を作りかえる、等々、人によっていろいろでしょう。

カーテンを取り替えることだけでもリフォームだと思われる方もいらっしゃるでしょう。
確かにどれもリフォームなのですが、大まかに分けると、
家の躯体[?]に変更を加える増改築と、内装の模様替え、キッチン・浴槽といった設備の入れ替えや外壁の塗り替えといった、
住空間を豊かにするための修繕・維持工事に分けられます。
近年の住宅リフォーム市場の成長を支えているのは、増改築よりも、住空間を豊かにするリフォームの方です。
具体的なリフォーム案を書き出してみましょう

リフォームを行う際に最も重要なことは、
ご自分が何を求めるのか明確にかつシンプルにする、という点です。

何を捨て、そして何を求めるのかがはっきりしていれば、
リフォームに対する要望は自然とすっきりしたものになります。

逆に要望が明確でないと、ここをこうしたい、あそこも変えたい、
といった具合に欲張りすぎて予算オーバーとなったり、
さらにはリフォームにより家のバランスが崩れてしまい、
家のグレードを下げてしまうケースすらありうるのです。

ご予算の問題もありますが(リフォーム工事予算の目安はこちら)、まずはご自分が今のご自宅で何が不満なのか一度書き出してみてください。

そしてそのうえでリフォームをすることで具体的に何をどうしたいのか、たとえばあと3坪程度部屋を広くしたいとか、子供部屋を作りたいとか、家の中の段差をなくしたいとか、床をフローリングにし壁紙も張替え明るくきれいにしたいとか、システムキッチンに変えることで便利にしたいとかも書き出してみることをお勧めします。

予算の問題はその次です。手持ち資金で不足する場合は、工事内容を変更する(内容を減らすか部材の質を下げる)とか、借入を検討するといった方向に進むことになるでしょう。

家に住みながらの工事はストレスがたまります

ご自宅を新築したり、分譲マンションを購入されたりするのと、
ご自宅をリフォームすることには大きな違いがあります。

それはほとんどのリフォーム工事は、ご自分がその家に住みながらの
工事になるということです。

リフォームの内容を検討し、リフォーム会社を選ぶまでは、
まだ見ぬリフォーム後のわが家を夢見て希望で一杯でしょう。

しかし工事が始まると、リフォーム会社の営業ではなく職人さんがわが家に入ってきます(当然身奇麗なスーツ姿で、というわけにはいきません)。

今あるキッチンを取り外せば音はうるさいしゴミやほこりも出ます、当然事前に部屋は整理・整頓しておかないといけませんし、キッチンの中のおなべや包丁も一時別の場所に置きかえることになります。

買い物に行きたいのですが、職人さんだけを家に残して行くのが不安になる方も多いでしょう。

とにかく他人が長時間家にいるというのは結構なストレスになります(身内のご主人ですら定年退職で家にずっといられるとストレスがたまる奥さんが多いのです)。

1週間くらい大丈夫、などと思っていても、たいていの方は3日くらいでイライラしてきます。

またご自分の要望が本当に職人さんに伝わっているのか、といったコミュニケーション面でも心配が出できます。

当社では、養生[?]をしっかりすることにより家にキズをつけないようにする、後片付けや掃除をしっかりする、営業担当がフォローすることによりコミュニケーション不足をなくす、ご依頼主のご都合にあわせた工期を設定する、お茶やお菓子はご不要であることをお伝えする、等々によりストレスを少しでも少なくするサービス・努力をしております。

しかし、どうしてもリフォーム工事では新築工事と違いストレスが多いことは覚悟しておいた方がいいでしょう。

ケースバイケースで選ぶ建替えとリフォーム

戸建住宅の場合、建替えをするか大規模なリフォームをするか迷う場合があります。

特に、今まで何回かリフォームした家ともなると、
今までリフォームに使ったお金がもったいなく感じられ、
建替えに踏み切れない方もいらっしゃるでしょう。

   

建替えの方がいいケース

リフォームよりも建替えをした方がいいケースとして、地盤が軟弱なため家が傾いている・基礎が割れている、床下の水はけが悪く常に湿気がでて困っている、といったケースがあります。

また借入に頼る場合、世帯主のご年齢も判断材料となります。
高齢になってから建替えようとしても、 銀行から借入ができない場合も出てきます。

お子さんの世帯と同居し、2世帯住宅にする場合も、手持ち資金に余裕があったり、お子さんとの2世代ローンが使えるのでしたら、建替えの方が適しているといえるでしょう(リフォームで完全分離方式の2世帯住宅にする場合いろいろと無理がでてきます)。

リフォームの方がいいケース

これに対し、リフォームのほうがいい場合も多くあります。

とりあえず設備だけを入れ替える、建物でなく庭をおしゃれにしたい、建物の耐用年数がまだ十分にある、住宅ローンが多く残っており新たな借入は無理である、現在の住まいに愛着がありできるだけ大切に長く暮らしたい、寝たきりの高齢者がいるため仮住まいが難しい、といったところでしょうか。

リフォームのタイミング

マンションの場合は管理組合が長期修繕計画を立案し、計画的に修繕積立金を積み立て、共用部分についてのリフォームを進めていくことになります。

しかし、これはあくまで共用部分についての話で、ご自分が住んでいる専有部分はご自分で判断することになります。

戸建住宅にお住まいの方は、屋根・外壁・設備・内装・配管など、すべてにわたってご自分で判断しないといけません。

使っていて不具合が分かるものはいいのですが、そうでないもの、たとえば壁のひび割れはそのままにしておくと雨水が入ってきて 給排水管をサビつかせたり、内部の木材を腐らせたりと大変なことになる場合もあります。

新築の頃は嬉しくてよく見ていたわが家も、3年も経つと注意して見なくなります。

しかし、ちょうど3年経過する頃から木部の塗装は剥げはじめますし、金属部分の塗装にはポツポツと小さな錆が出始めます。

ここで木部や金属部の塗り替えが必要となります。
8年くらいで塗料や接着剤の老化が始まり、外壁塗装や壁紙の張替えといったことになるのです。

もちろん何もしないのは自由ですが、後々いろいろと問題が起こってきます。

また部材によってももちが違います(当然高級材は長くもちます)ので、リフォームの時期も違ってきます。

たとえば屋根材では、瓦は50年60年もちますので、特殊なケースを除き葺き替える必要も塗り替える必要もありませんが、スレート瓦は10年くらいで表面が色あせ、気になる場合塗り替えが必要となり、そのままほっておいて20年もすると色は落ち防水効果がなくなるので葺き替えや重ね葺きが必要となってきます。

外壁も同じことで、モルタル吹付けの壁は8~15年で塗り替えが必要ですが、サイディング[?]の壁ではシーリング[?]の 打替程度ですみます。

もちろんリフォームで瓦屋根にしたり、重ね張りで壁をサイディングにすることもできますので、検討してみるのもいいでしょう。

マンションの管理規約をご確認ください

マンションには共用部分と専有部分があり、共用部分は勝手にリフォームすることはできません。
間取りを変更したくても、マンションの構造によっては壁が共用部分のためできない場合もあります。

給排水管も共用部分のため移動させることはできませんので、キッチンやトイレなど水まわりの設備の場所を移動する際には十分な検討が必要です。

あまり給排水管と距離があきますと、当然横管が長くなり、横管に勾配をつけないと水は流れませんので床下スペースの確保 (場合によっては床を上げる)が必要となります。

あまり長くしますと、たとえばお風呂ですと石鹸や髪の毛が横管に詰まりやすいため将来問題が出てくることもあります。

また共同住宅ですので、いろいろなルールが管理規約で決められています。

たとえば床をカーぺットからフローリングに変更したくても、下の階への音の問題で管理規約により禁止しているマンションもありますし、変更できるものの床材の遮音性能レベルを規定しているマンションも多くあります。

床暖房の設置についても、各住戸での電気やガスの使用可能量を管理組合に確認しないといけません。

マンションにお住まいの方は、まずは管理規約を読み、管理組合に相談してみてください。

予算も工期も余裕をもって

新築と違い、リフォームは既にそこにある建物を、一部取り壊して新たに作り直すことになります。

このため、もちろん最初に調査は行うものの、工事を始めて取り壊しをして初めて分かる問題があります。

よくある例として、浴室のリフォームで浴槽を取り外したところ、今までの水漏れ等で床組みが腐っていたり土台が弱っているため、まずはその補修が必要となるようなケースです。

また、一部屋のクロス(壁紙)を張り替えたところ、他の部屋の汚れがかえって目立つことになり、結局全部の部屋を張り替えるようなこともあります。

当然、追加工事で予算的にも追加となり、また工期も延びることとなってしまいます。
リフォーム工事ではある程度予算も工期も余裕を見ておいたほうが無難でしょう。

   

ページトップへ戻る >>
リフォームトップへ戻る >>