一概にフェンスといっても、塀もあれば、アルミや鋳物などで形を作ったフェンスもあります。
各ご家庭にあったパターンのフェンスをつける事により、外部からの美観及び、内部からの美観を高めます。

ただ塀にもメリット、デメリットがあり、アルミや鋳物フェンスなどにもメリット、デメリットがあり、ただ美観のみで選んでしまい失敗したなんてないようにじっくり考えましょう。

・内部が外部から見える事がなく、防犯性に優れている
・日本庭園などをする場合に外部からの悪戯が少ない
・外部が内部から見えないため、外部を取り込んだデザインができない
・風通しが悪い
・メンテナンスが必要(塗替えなど)
・防犯面で隠れる場所が多いため、犯罪に遭う可能性が高くなる
・外部の景色を取り込んだデザインができる
・サビなどが気にならなければ、タオルで拭くなどのお手入れで済む
・用途やお好みで色や形を決める幅が多い(自由度が高い)
・外部から内部が見えるためプライバシーが見えてしまう
・外部からの悪戯に遭いやすい
・乗り越え易いので、侵入されやすい

ガーデニング(ガーデニングページリンク)などを塀やフェンスにしたり、上りにくい形にしたりすることで、
外部からの侵入を防ぐ大きな成果が得られると思います。

ご自宅に合ったフェンスや塀を設置することで、全体の美観を高めましょう。

ただ今ある家に塀を付けるとなれば大工事ですよね。
でもお隣さんとのパーテーションが欲しいしとか、門扉を付けるのに、必要だし。なんて方にはフェンスがオススメ。



アルミはサビや腐食に強く耐久性に優れ、門扉やフェンスの素材として、
多く使われています。軽量で、比較的安価なものが多く、
デザイン的にはシンプルなものが多いですが、
高級感のあるものも出てきています。



鋳物はアルミより重みがあり、高級感のあるものが多いです。
中央のパネル部分に装飾を施している、複合タイプもあります。



ナチュラルな質感があり、木のぬくもりを感じる天然木を素材にしたものも
多くなってきています。軽量で強く、加工がしやすいですが、
腐食や反りやすく虫や菌に侵されやすいという欠点もあります。
ただ最近は、
防腐処理を施して耐久性を高める加工を施したものも多くあります。
木製フェンスに似せたアルミフェンスなどもあります。



強度に優れ、加工性に富み、価格も安く、従来まで主流だったものです。
しかし、耐食性・耐候性に劣るのが欠点で、
最近ではアルミフェンスが多く使われています。

門まわりは、住まいの顔。
わが家の第一印象を決める大切な要素です。
でも、建物本体ばかりが気になって、
ついつい後回しになりがちな部分でも・・・。
そんな門まわりに必要なアイテムは、
表札やポストなどいろいろありますが、
最近は門柱(門袖)にこれらを組み込んだ機能門柱が
数多く見られるようになりました。
門まわりのプランを考える時、一般的には門柱+門扉を設けることや、門扉は付けずに門柱のみを設置することになるでしょう。
特に何も設けないオープンな場合でも、表札やポストなどはいずれかに設置することが多いようです。

門柱には、いくつかの種類がありますが、大きく分類すると、下地にコンクリートブロックなどを用いて、吹付け塗装を施したり、タイルなどを張り付けて仕上げる方法、石やレンガを積み上げる方法、エクステリアメーカーの製品を設置する方法などに分けることができます。

吹付け塗装やタイルを用いた場合は、建物本体の外壁の素材や色味とコーディネートすることで、一体感が生まれますし、独特の風合いを持つレンガであれば、庭の花々や樹木ともしっくり馴染むでしょう。

最近の外観デザインの傾向でもあるシンプルモダンな雰囲気には、門扉やフェンス・カーポートとコーディネートされたメーカー商品を用いても良いでしょう。

どのようなタイプを選ぶにしろ、門まわりに必要な機能としては、表札やポスト、ドアホン、照明などが挙げられます。
配線が必要なものも多いため、どのような機能を求めるかは早めに決定しておくようにしましょう。

最近の住宅は、シンプルでモダンな外観デザインが多くなってきた傾向もあり、 門扉まわりもすっきりとさせたいというお宅も増えているようです。
また、限られた敷地条件の中で、門まわりに充分なスペースが取れないけれど、必要な機能は確保したい、というニーズも・・・。
そんな要望に応えるように、門柱にさまざまな機能を持たせた商品のバリエーションが増えてきています。

このように門柱に機能を持たせたタイプの商品は、機能門柱、エントランスポール、ファンクションユニット、機能ポールなどメーカー商品の呼び方もさまざまですが、一般的には、表札(サインプレート)、ポスト、照明、ドアホンなどが組み込まれたものが多いようです。

形状的には、四角柱形状のタイプとポールタイプ、また門扉とコーディネートできるタイプ、単体で設置するタイプなどがあります。

門柱のデザインは、全体的にシンプルでシャープな雰囲気を持つタイプが増えているようです。

また、表札やポストなどのデザインも、素材のバリエーションを豊富に揃えたものなどが多く、個性的な表現も可能になってきました。

ライトは、間接照明などの演出効果にこだわったものであったり、安全のために設けられた足元灯であったり、夜になると自動的に点灯するセンサー付きのものであったり・・・。

最近では、デザイン性だけではなく防犯面やプライバシーに配慮された機能性も求められています。
さまざまな機能を個性的にコーディネートして、ご家族の好みにあったプランニングを楽しんでみてはいかがでしょうか。


スペースを有効利用して、大切な愛車を守りたい。

たとえば、せっかく敷地内にスペースがあるのに駐車場を借りていたり、
青空駐車で雨ざらしにしていたり・・・。
そんな方におすすめしたいのが、
愛車をしっかり守るカーポートです。

車を長持ちさせ、快適なカーライフを満喫するためには、車の保管場所にも気を使う必要があります。
だから、お家の前にある有効スペースを活用して、建物や敷地などのさまざまな条件に合わせた最適プランをご提案します。

また、カーポートに併設してサイクルポート(自転車置き場)も設置すれば、雨の日でも自転車が濡れることもなく安心。

さらに、知らない車に停められそうで・・・という不安を持たれる方には、車止めをおすすめします。必要な本数を地面に埋め込み、杭と杭の間をチェーンでつなぐことで他車の侵入を防ぎます。

必要に応じて、多様なプランニングがありますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ゆとりとコミュニケーションを育む、これからのガーデニング活用法。

ガーデニングといえば、まず思い浮かぶのが植栽ですが
、最近ではお庭をオープンスタイルのアウトドアリビングとして活用したり、
家族のコミュニケーション空間として捉える方も増えています。

そんな中で、人気なのがウッドデッキです。

最近のウッドデッキは、天然素材や人工木材など商品バリエーションも豊富なため、お庭の広さや形状に合わせて多様なスタイルで設置することも可能です。

また、リビングやダイニングにデッキをつなげれば、室内からの行き来もスムーズになり、生活スタイルにも大きく変化します。
室内空間を考えるのと同様に、お庭もくつろぎを感じることができる空間づくり、スペースづくりが求められているのではないでしょうか。

ひとくちにウッドデッキといっても、その種類やデザインはさまざまです。

エクステリア商品として出回っているものでも、デッキのみのオープンなスタイル、手すりやパーゴラ(日かげ棚)を組合せたもの、床に段差をつけて変化をもたせたもの、サンルームと組合せてより部屋の感覚に近いもの、ユニット化して比較的手ごろな価格設定になっているものなどバリエーションも多種多様です。

ウッドデッキを選ぶ際には、その素材にも注目しましょう。
デッキは雨風にさらされるので、強度と耐久性があり腐りにくい木材が適しています。

主な素材としては、ウェスタン・レッドシダー(ベイスギ)、イペ、ウリン、イエローパイン、部分によっては米ツガなど。
ウェスタン・レッドシダーは、耐久性、耐水性に優れているのが特徴です。

イペは、耐久性、耐腐朽性に優れ、デッキ材としては理想的な木材。
公共施設などでも多く用いられている素材です。

また、素材に加えて、デッキの耐久性を左右するのが塗装。
どんな塗装がされているのか、メンテナンスの方法などを含めて確認しましょう。

また、最近は本物の樹木ではなく、樹脂に木の粉を入れるなどした商品や、環境に配慮された廃材と廃プラスチックなどを成型加工したリサイクル素材のデッキも出ています。

長く使用しても色褪せや腐食、虫害がおこりにくく、手入れが簡単なこと、プランの自由度などが特徴です。
また、施工性も高く、床下の点検口なども用意されているものもあります。

なんといっても耐久性が魅力ですが、素材感やカラーバリエーションなどを実際に確認することも大切です。

タイギに問い合わせ

タイギで買うと最大40%OFF

   

ページトップへ戻る >>
リフォームトップへ戻る >>